090-6181-7414

ブログ

2016/10/30(日)

【内臓治療】腰痛と子宮との関係

カテゴリー:内臓由来の痛み

 

3d render medical illustration of the Reproductive System - front view

dsc01916-1
From原田文

 

こんばんは!

 

もうこれは冬ですねー(^^;;
秋好きなんですけど毎年あっという間ですね。

 

 

本日のブログは、

 

腰痛と子宮との関係

 

についてです♪

 

 

腰痛と内臓??
とお思いの方も多いと思います。

 

なぜ関連があるかと言うと、

内臓も筋肉と同じで、筋膜に覆われているんです。

 

筋肉が硬くなると筋膜が引っ張られ、腰に負担がかかり腰痛、となりますが、

内臓も硬くなると筋膜が引っ張られ、腰に負担がかかり腰痛、となります。

 

その中に、子宮、も含まれます。

 

腰痛と併せて

 

生理不順
生理痛
生理時の頭痛
更年期症状
ホルモンバランスの崩れ
子宮系疾患

がある方は子宮が硬くなっている可能性が高いです。

 

その腰痛も、
子宮が硬くなり筋膜が引っ張られ、痛みが生じています。

 

その場合は、
筋膜を緩めることで
上記症状の改善+腰痛改善
どちらも出来るのです!!

 

私自身も、
以前は生理痛がひどく、薬を飲まないと過ごせないほどでしたが、
子宮を緩められる様になってから、
生理痛に悩まされることがなくなり生理も不快じゃなくなりました♪♪

 

毎月の苦痛と腰痛、
どちらもオサラバしませんか?\(^o^)/

☆*:.。.  ☆*:.。.  ☆*:.。.  ☆*:.。.

長年の慢性腰痛

坐骨神経痛

ヘルニア

脊椎管狭窄症

慢性の肩こり

その他、お身体の不調のお悩み

ぜひご相談下さい!

HPはこちら

LINE: @hanaha

hp:http://seitaiin-hanaha.com
mail:seitaihanaha@gmail.com
tel:090-6181-7414
☆*:.。.  ☆*:.。.  ☆*:.。.  ☆*:.。.

 

整体院 華羽-HANAHA-

原田文

 

 

 

 

 

診察予約は今すぐお電話で

090-6181-7414

受付時間 9:00〜21:00(不定休)

 

メールフォームからのご予約は24時間・年中無休で承っております。

 

※診察時間は9時〜21時までですがメールフォームからのご予約は24時間・年中無休で承っております。診察時間外にホームページをご覧の方は、ぜひメールフォームからのお問い合わせをお願いいたします。
※メールフォームはお名前・お電話番号・メールアドレスを入力するだけの簡単なものですのでお気軽にご利用していただけます。当院は完全予約制の為、事前にご予約をお願いしています。