090-6181-7414

ブログ

2016/11/17(木)

【必見】ランナーの方へ。「痛みを麻痺させる」前に「痛みの出ない」身体を造るべし!

カテゴリー:スポーツ腰痛

 

85f27c2c974f7b627a8968cc09efd8ba_s

dsc01916-1

From原田文

 

こんばんは!

 

先日、宮古島のマラソン大会に出てきました♪

 

距離はもちろん・・・・10キロです!w

 

マラソン大会の参加は初めてで、

以前は毎日5キロは走っていたので走るのは好きなのですが、

大会に出たことはなく。

今回は友人に誘ってもらい出る機会を頂きました♪

 

が、、、

全く準備せずまま本番に望む、という完全になめた状態で参加しました♪(´ε` )

 

結果は1時間10分で見事完走!

1キロ7分のペースで走ったことになるので、なかなか良い記録かと思います。

 

走っている間は、

スタミナ切れは感じたものの

痛みは感じず♪

途中、右肩につる感じと、後半太ものの張りは感じたものの、

つっぱり、張りの原因の筋を軽くストレッチすることですぐ解消されました。

 

ではなぜ、準備もせず走っても痛みなく走れたのか!?

 

それは・・・・

 

 

日々筋肉を適度にゆるませ、

痛みの原因となる硬い筋肉を作らない様メンテナンスしているからです!!

 

 

私が今回のマラソン大会で一番衝撃だったのは、

ランナーの方々が、

途中で痛みが起こる前提で鎮痛剤を用意していたことでした。

 

ハーフ

フル

と走る距離が長くなれば痛みも出てくるかもしれません。

 

過剰な負荷による骨や靭帯への影響ももちろんあります!

しかしながら、

”走るといつもここが痛くなる”

といった痛みは、

ほぼほぼ原因は元々硬かった筋肉を走ることにより無理やり伸ばし続けているからです。

 

ではどうしたら痛みなく走れるのか???

 

簡単です♪

日々の生活の中で繰り返し使用し酷使し硬くなった筋肉を緩めてあげれば良いのです。

 

スポーツ選手やダンサーやプロフェッショナルの方々が、

トレーニングの前後に入念にストレッチやマッサージをしているのをご存知でしょうか?

 

筋肉は鍛える

ことよりも先に

効果的に使えるために緩める

ことの方が大事なのです!

 

鍛えることはその次の話です。

 

スポーツを楽しまれる方は是非、この順番を間違えないでくださいね♪

 

間違っても、

鎮痛剤を飲めば大丈夫

ボトックス注射を定期的にすれば大丈夫

なんて思わないでください。

痛み止めは、

あなたの筋肉の悲鳴を聞こえなく、麻痺させているだけですから。。。

痛み止めを使って痛みは無くなりません。

痛みを感じなくさせて、筋肉が自然と緩むのを待って痛みがなくなっているだけです。

その筋肉で走ればまた痛みはすぐ出てきます。

 

痛みは体のサインです!!

 

もっと。

もっとご自分の体を労わってあげてくださいね\(^o^)/

あと何年、何十年お付き合いしていく体ですか?

今は良くても、

10年後、20年後、

体がボロボロになって歩けなくなったらどうしますか?

 

心だけでなく、体も楽しみを感じさせてあげてくださいねU^ェ^U

 

 

 

☆*:.。.  ☆*:.。.  ☆*:.。.  ☆*:.。.

長年の慢性腰痛

坐骨神経痛

ヘルニア

脊椎管狭窄症

慢性の肩こり

その他、お身体の不調のお悩み

ぜひご相談下さい!

HPはこちら

LINE: @hanaha

hp:http://seitaiin-hanaha.com
mail:seitaihanaha@gmail.com
tel:090-6181-7414
☆*:.。.  ☆*:.。.  ☆*:.。.  ☆*:.。.

 

整体院 華羽-HANAHA-

原田文

 

 

 

 

 

診察予約は今すぐお電話で

090-6181-7414

受付時間 9:00〜21:00(不定休)

 

メールフォームからのご予約は24時間・年中無休で承っております。

 

※診察時間は9時〜21時までですがメールフォームからのご予約は24時間・年中無休で承っております。診察時間外にホームページをご覧の方は、ぜひメールフォームからのお問い合わせをお願いいたします。
※メールフォームはお名前・お電話番号・メールアドレスを入力するだけの簡単なものですのでお気軽にご利用していただけます。当院は完全予約制の為、事前にご予約をお願いしています。